FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムツゴロウジャンプ 第19部

どうも、ハンドルです。

『ムツゴロウジャンプ』もいよいよ佳境に入って来ました。

以前書いた通り『ムツゴロウジャンプ』が完結した時はブログをリニューアルするかもしくは移転する予定です。

なお、これまでに投稿したSSはpixivで読むことができますので興味のある方は是非……


ピーター:「前置きはこれくらいにしとこうか」

麻友:「そだね。それでは皆さん、『ムツゴロウジャンプ 第19部』……」

ハンドル:「ちょ、まだ僕が話して……」

麻友、ピーター:「本編をどうぞ!」





タイムスリップを繰り返すと、極稀に時間旅行者の脳に異常が発生することがある。

この異常は脳の血管に何かが詰まったりして発生する脳卒中や記憶障害だけでなく人格崩壊を引き起こすこともある認知症とは違ってタイムスリップした人間にしか発生せず、医学的な説明はできないものだ。

これを時間脳症というのだが、最悪の場合は脳が一切の機能を失い、死にいたることもある危険な症状なのだ。

「時間脳症の原因はタイムパラドックスだっていう説が有力なんだけど、詳しい原因は解明されていないわ。だから治療法も確立されていないのよ。半戸さんに私達が今してあげられることはタイムパラドックスを修正しながら様子を見るくらいしかないわ」
音美は言った。

「そんな……。で、でもひょっとして、タイムパラドックスを修正してからタイムマシンを使ってうんと未来に行けば半戸を助けられるんじゃないか?その……じかんのーしょーの治療法が確立されている時代までタイムマシンで行けば……」
おいらは言った。

だが、音美は首を横に振った。

「だめなの。あの煙のタイムマシンを使って行けるのは……2043年の8月1日までなの。残念だけど2043年の時点では時間脳症の治療法は確立されていないわ」

「えっ?……2043年までしか行けない?……そりゃまたどうして?」
おいらは聞いた。

「それは……」
音美は言葉に詰まっている。

おいらは音美に問いただそうとしたが、麻友の声がそれを遮った。

「ピーター!お姉ちゃん!大変だよ。すぐに来て!」

「どうしたんだ?」

おいらと音美は麻友のいる部屋に向かった。

麻友はおいら達が部屋に入ると、窓の外を指差した。

「ほら、あそこ!」

麻友の指差した先には見覚えのある男がいた。

「あれは……徹也さん!」
音美は言った。

「音美!早く追いかけよう!」
おいらは言った。

だが、音美は徹也の姿を見ても俯いたままで追いかけようとはしなかった。

「音美、おいら達がいない間に何があったのか、半戸が何て言ったのか知らないけど、タイムパラドックスは修正しなきゃいけないんだろう。おいらは徹也を追いかけるぞ」

おいらは窓から飛び出すと徹也の後を追いかけた。

「ピーター、待ってよ!」
麻友はおいらの後についてくる。

徹也はバス停に向かって歩いている所だったようで、おいらと麻友はすぐに徹也に追いつくことができた。

「徹也さん!待って!」

麻友の声に徹也は振り返った。

「やあ、麻友ちゃん」

「徹也さん、あのね。タイムパラドックス……」
麻友はいきなりタブーなことを言いだした。

「麻友!話はおいらが聞くから音美を連れて来てくれないか?」
おいらはとっさにそう言った。

「……分かったよ」
麻友は不服そうな顔をしながらも音美を連れに戻って行った。

「猫君、タイムパラドックスって?」
徹也は聞いた。

「あっ、いいや。何でもないんだ。……それより徹也、事故の後変わったことはなかったか?」
おいらは聞いた。

「変わったこと?」
「例えば仕事の取引先で何かあったとか……」
「あれ?僕が取引先に行ってたことを知ってたんだね。……特に何もなかったよ。三島さんの所との取引は済んだし……」
「え?、三島?……取引相手の名前ってミサワなんじゃ……?」

おいらの言葉に徹也は少し考え込んだ。

「……取引相手の名前は三島頼子さんだったよ。……でも何でだろう?確かに君の言う通りミサワさんっていう名前にも覚えがあるような気がするんだ。そんな人は知らないはずなのに……」

徹也の言葉から察するに取引相手の三島という人物かもしくはミサワという人物もタイムパラドックスに関わっているのだろうか?

意識を失う前の半戸から全て聞いている音美ならそのことも知っているのかもしれない。

すぐに音美に来てもらわなければ……。だけど音美はさっき徹也を追いかけたくはなさそうだったからこっちに来てくれるかどうか分からない。麻友が音美を連れて来るのを待たずに徹也を音美の所に連れていった方がいいのか?



うう……何てこった。

俺様としたことが、つい油断してしまった。

意識が朦朧とする中、俺はかろうじて目を開けていた。

あのクモを取り戻しに来たらしい2人組は俺に麻酔薬のようなものを嗅がせた後で音美さんを殴って気絶させ、そして今度は銃を構えて音美さんを呼びに戻ってくる麻友を待ち伏せしているのだ。

「猫にやられるなんて情けねえ奴だな。」
2人組の内の男の方がクモに言った。

「スプラッターのことをどうこう言う前に麻友を仕留めることに集中しなさいよ。この間抜け!」
女の方が言った。

「うへえ。相変わらずおっかねえな~。まあいいさ。ガキの脳天に風穴を開けてやるよ」
男は言った。

麻友。……頼む。ここに来るな。……逃げてくれ……





麻友:「ね、ねえ。大丈夫なの?私また大ピンチじゃん(汗)」

ハンドル:「それは……さすがに言えないよ。次回のネタバレになっちゃうからね」

ピーター:「そうだよ。前にもネタバレしそうになったことがあるからな。今回は一切次回に関わることは言えないよ」

麻友:「じゃあ私にだけこっそり教えてよ。ね?」

ピーター、ハンドル:「ダメ!」

麻友:「ケチ!……いいもんね!私ストライキするから!」

麻友はぶすくれて行ってしまう。

ハンドル:「ま、麻友ちゃん。そんなに怒らずに……。次回の更新の時に分かるから……(汗)」

麻友を慰めるべく、ハンドルは後を追う。

ピーター:「やれやれ……。それじゃあ皆、次回は『ムツゴロウジャンプ 第20部』だ。楽しみに待っていてくれよ(^O^)」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハンドル

Author:ハンドル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。