スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムツゴロウジャンプ 第15部

どうも、ハンドルです。

今日は『ムツゴロウジャンプ 第15部』をお送りする前に、お知らせがあります。

当ブログMYSSと相互リンクさせていただいている『JMI Japan Messy Illustrator』の管理人であるやまとさんが明日10月18日(土)20時からニコニコ生放送にて『第2回 WAM生』を放送されます。

「WAM生」の放送内容は、写真モデルとしても活躍されている「しろ」さんが初の本格Messyプレイに挑戦されるというものです。

詳しくはこちらをご覧ください。

japanmessyillustrator.x.fc2.com/live2.html

なお、「WAM生」放送の視聴にはniconicoのアカウント登録と放送コミュニティへの申請が必要となりますので、視聴を希望される方は早め(放送は明日ですのでできれば今日中)の申請をお願いします。

視聴の際には注意事項をしっかり守ってコメントして、みんなで楽しく盛り上げましょう!!



それでは、『ムツゴロウジャンプ 第15部』本編をどうぞ。






半戸の口の中で何かが蠢いている。

それはなんとも異様な光景だった。

身の毛もよだつ思いがしたが、そこでおいらはあることに気付いた。

半戸の口の中にいる何かを捕まえれば、半戸は正気に戻るかもしれない。

……よし。やってみよう。

おいらはそっと半戸に近づくと、半戸の喉に猫パンチを見舞った。

「ぐえっ!」
半戸は口から何かを吐きだした。

それは体長10cmほどの不気味な模様のクモだった。

こいつが半戸を操っていたのか!正体を現したからにはもう手加減しないぞ!

ばかでかいトカゲを倒したおいらにとってクモは最早敵ではない!……まあ、体長1cm未満とかそれくらい小さな相手だと逆に戦いづらいんだが……

おいらはクモを猫パンチで弾き飛ばし、壁にぶち当てた。

「ぎゃふん!」
クモは床に落ちると目を回してしまった。

同時に半戸が飛び起きた。

「ふうっ!死ぬかと思った!」
半戸は自分の喉をさすっている。

「半戸、やっと正気に戻ったのか」
おいらは言った。

「なんとかね……」
「お前あのクモに操られていたんだぞ」
「あ、ああ。今思い出しても吐き気がするよ。変な女の人にあのクモを飲まされて……後は君の知ってのとおりさ」
「あれ?操られていた間のこと覚えているのか?」
「……自分が恐ろしいよ。操られていたとはいえもう少しで麻友ちゃんを……」

半戸は俯いてしまった。

「……そんなに自分を責めるなよ」
おいらはそう言うと半戸に自分の前足を差し出した。

「握手してくれるのかい?」
半戸はそう言って手を差し出してくる。

おいらは半戸の手を思い切り引っ掻いた。

「うわー!痛ーい!」
「お前にはこれくらいが妥当だ!お前のせいでおいらはえらい目に遭ったんだぞっ!」
「ピーター!よくも騙したなっ!……いちち……猫をかぶるとはまさにこのことだ!」
「よし。立ち直ったな」
「……ちぇっ!猫に引っ掻かれて立ち直るとは情けないや」

半戸は手をさすった。

「とにかくどうにかして麻友達のいる2008年に帰らないと……。あの煙のタイムマシンはまだ残っているかな?」
おいらは立っている棚に並んでいる薬瓶を眺めた。

「この時代に来たばっかりの時は慌てふためいていたのにえらく冷静になったな……」
半戸はおいらに言った。

「おいらは半戸と違って自分の力で大きな危機を乗り越えたから冷静な分析力を身に付けられたのかもしれないな」
おいらは得意げにそう言った。

「……ちぇっ!嫌な奴だな~」
半戸は言った。

「まあ、そんなにむくれるなよ。それより煙のタイムマシンを探そう」
おいらは言った。

「……仕方ないな。……えっと、これはフェノールフタレインでこっちはアンモニアで……」
半戸は薬瓶の表示を見る。

「理科の実験で使うような薬品が多いんだな」
おいらは言った。

……と思っていると……

「……これはニトログリセリン……ってうぇっ!」
「ぜ、絶対に落とすな!そーっと下ろすんだぞ」
「わ、分かってる。……そーっと……ふう。寿命が縮まったよ」

とんでもない薬品もあったりする。

「……半戸が倒したのがこの棚じゃなくてよかったな」
おいらは言った。

「全くだ。音美さんもこんな危険な薬品をなんでこんな所に……。だけどまいったな。薬瓶の中にはラベルが剥がれているのもあるし、どれがタイムマシンなのか分からないぞ」
半戸は言った。

「……どうする?」
おいらは言った。

「……そうだ。こいつなら分かるかもしれないぞ」
半戸は目を回しているクモを指差し、言った。

「……どうしてクモにタイムマシンのことが分かるんだ?」
「多分だけどこいつは僕等が元々いた2013年よりも先の未来から2008年に来ていたのかもしれないんだ」
「……仮にそうだとしてもどうやってクモから話を聞くんだ?」
「ピーターの首輪があるじゃないか」
「あっ、そうか。……いやあ、おいらとしたことが……」
「……冷静な分析力を身に付けたんじゃなかったんかい」
「まあ、そう言うなって……」

おいらは首輪の翻訳モードをいじった。





やまとさん、「WAM生」応援しております。是非成功させて下さい(^O^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハンドル

Author:ハンドル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。