スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムツゴロウジャンプ 第7部

皆さん、本当にすみません。

実はSSのデータをうっかり消失してしまい、書き直していたんですが、その結果、更新はまたしても遅くなってしまいました(汗)

今後はこのようなことのないよう、気を付けます。

それでは、本編をどうぞ





時間旅行者の行為によって歴史に矛盾が生じてしまうことをタイムパラドックスというらしい。

例えば、自分の両親が出会うよりも前にタイムスリップした者が両親の出会いを止めると、両親の結婚はなくなるわけだから自分が存在するのはおかしいということになるのだ。

このような歴史的矛盾を生じさせてしまうとどうなるかということについては様々な可能性があるそうだ。

1つ目は、生じてしまった矛盾は何らかの形で修正され、歴史は変わらないというものだ。
(時間旅行者が自分の両親の出会いを止めたとしても、結局両親は出会い、時間旅行者は生まれる)

2つ目は、生じてしまった矛盾は修正されず、歴史が変わるというものらしい。
(時間旅行者の両親は出会わないこととなり、時間旅行者は生まれないということになるため、両親の出会いを止めた時間旅行者の存在は消える)

3つ目は……

音美は3つ目の可能性を話そうとして少々躊躇った。

「教えて下さいよ」
半戸は言った。

「気になるじゃない」
麻友も言った。

音美はため息をつき、それから次の言葉を発した。

「分かった。話すけど、驚かないでね。……3つ目の可能性は『全宇宙が歴史的矛盾に耐えられなくなって破壊される』よ」

……

おいらも麻友も半戸もしばらく何も言うことができなかった。

「……ちょっとショックだった?」
音美は聞いた。

「……ちょっとどころじゃないぞ」
おいらはようやく口を開くことができた。

「まあ、よほど大きな矛盾が生じない限りは全宇宙が破壊されるということはないと思うけど、歴史に悪影響をもたらす可能性がある以上、タイムパラドックスは極力避けなくてはならないわ。半戸さんは私と一緒に来て」
音美は言った。

「……分かりました」
半戸の声はやけに小さかった。

「私は?」
麻友は聞いた。

「麻友はラッキーと一緒にここで待っていて」
音美は言った。

「私も一緒に行きたい。気になるもん」
麻友は言った。

「だめよ!ここで待っていなさい」
音美は強い口調で言った。

「……」
麻友は恨めしそうな顔で音美を見たが、それ以上何か言おうとはしなかった。

「それじゃあ、半戸さんはこっちへ」
音美はそう言うと部屋から出ていった。

「……はい」
半戸は小さな声でそう言うと、音美について行く。

麻友はこっそりとおいらに話しかけた。

「ねえ、ピーター。音美のお姉ちゃんはピーターには何も言っていないよね」
「……え?……そういえばそうだな」
「つまりピーターはお姉ちゃんについて行ってもいいってことだよね?」
「……そ、それはだめだと思うぞ」
「お願い。お姉ちゃんとおじちゃんにこっそりついて行って話を聞いて来て。ピーターは猫だし、忍び足は得意でしょ」
「見つかったらおいらが怒られるって……」
「ピーターはお姉ちゃん達が何をしに行ったか気にならないの?」
「……」
「ねえ、お願い」
「……仕方がないな。行ってくるよ」

おいらはため息をつきながら音美達の後を追いかけた。

音美と半戸は地下室に下りていた。

「いい?半戸さん。この先で私が見せる物や話すことは絶対に麻友に教えちゃ駄目よ」
音美は頑丈そうな扉で閉ざされた部屋の前に立つと、言った。

「え?……は、はい」
半戸は言った。

音美は扉を開け、部屋の中に入る。

音美の後に続く半戸は……よし。おいらの読み通りだ。半戸は扉を閉め忘れた。

「半戸さん、ドアを閉めて」
音美は言った。

「え?……あ、そうですね」

半戸が扉を閉めた時、おいらは既に半戸の隙をついて扉の中に入っていた。

音美は部屋の真ん中にある擦りガラスのケースの前に立った。

「このケースの中には、150年前に宇宙が誕生してから2013年の8月8日までの記録が全て入っているの。……今、タイムパラドックスが起きかけていると仮定して、私がさっき話した可能性の内の3つ目、『全宇宙の破壊』は起こらなかったようね」
音美は言った。

「へ?それはどうしてですか?」
半戸は聞いた。

「今、タイムパラドックスのせいで全宇宙が破壊されれば、このケースは消えてしまうはずなのよ。このケースが作られたのは2013年の7月だから」
「……え?それはどういうことですか?このケースも僕等と同じようにタイムスリップしてきたんですか?」
「……まあ、そんな所よ。さて、最悪の可能性は消えたけど、調べなきゃいけないことはまだあるわ。……半戸さん、今からケースを開けるけど、絶対に驚かないでね」
「……一体何が入っているんですか?」
「それは……」

音美は言葉に詰まった。

「言えないほど恐ろしいものが入っているんですか?」
半戸は恐怖を押し殺そうと必死のようだ。

「……百聞は一見に如かずよ。……ケースを開けるから心の準備をして」
音美は言った。

「……」
「……大丈夫?」
「だ、大丈夫です。開けて下さい」
「……それじゃあ開けるわよ」

ケースが開かれた。

「あっ!」

思わず声を上げたのはおいらだった。





今回は新たな展開にするつもりだったんですが、干潟とムツゴロウから離れてしまいました(>_<)

次回は必ず干潟とムツゴロウを登場させますので、どうかご理解下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハンドル

Author:ハンドル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。