FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムツゴロウジャンプ 第3部

大変遅くなって申し訳ありませんm(__)m

7月中に完結させるのはちょっと難しくなってしまいました(汗)

……それでは、本編をどうぞ。





「はい、これ」
音美は半戸にサングラスとニット帽を渡し、麻友にはマスクを渡した。

「……なんですかこれ?」
半戸は不思議そうな顔をした。

「私がよく使ってる変装道具よ。麻友と半戸さんはできるだけ顔を見られないようにしなきゃいけないからね。……ほら、2008年にも麻友と半戸さんはいるのよ。同じ時間に同じ人間が2人いるということが皆に知れたら大変でしょう」
音美は言った。

「……それにしたってこれは……」
半戸は困っている。

「いいから早く帽子を被ってサングラスをかけて」

音美に急かされ、仕方なく半戸は言われた通りにする。

「半戸さん全然サングラス似合わない~」
麻友はげらげら笑い出した。

……ひょっとすると、音美が半戸にサングラスをかけさせたのは麻友を笑わせる目的もあったのかもしれない。



病院……

おいらはベランダによじ登った。

考えてみれば分かることだが、野良猫のおいらは病院の中には入れない。

仕方がないのでおいらはベランダのある窓の外から徹也がいると言われた病室を覗くことにした。

おいらが窓の外にたどり着いた時、音美達は既に病室に入っていた。

「元気そうでよかった。心配してたんだよ」
麻友は言った。

「心配掛けてごめんね。僕はこの通り大丈夫だよ。かすり傷程度で済んだからね」
徹也は言った。

「それは不幸中の幸いでしたね」
半戸は言った。

「我ながら本当に強運でしたよ。先生によると傷跡も……残らなくて済むようで……」
徹也は必死で笑いをこらえている。

「……やっぱりこれ似合いませんよね。外します」
半戸はそう言ってサングラスを外した。

「すみません。話の途中で笑っちゃって……。本当にありがとうございました。皆さんがすぐに救急車を呼んで下さったおかげですよ」
徹也は頭を下げた。

「いえいえ。とんでもない。僕等は当然のことをしただけですよ」
半戸は言った。

徹也と半戸のやり取りは人間がお礼を言ったり言われたりするときの決まり文句なんだろう。

「ところで、徹也さんと一緒にいたあの女の人は無事なの?」
麻友は聞いた。

「それが、僕も気になっているんだ。先生はあの子も大丈夫ですって言っていたんだけどね……」
徹也は心配そうな顔になる。

「まあ、先生が大丈夫だって言っているのなら大丈夫でしょう」
半戸は言った。

「それならいいんですけど、病院に来てからまだあの子に会わせてもらっていないので……」
徹也は言った。

「じゃあ、会いに行ってみましょうか。そうすれば安心できるでしょうし……。あの人の名前を教えて頂けますか?」
半戸は言った。

「それが、僕はあの子の名前を知らないんですよ」

おいらも麻友も音美も半戸も一瞬きょとんとした。

「徹也さん、あの女の人と知り合いじゃなかったの?」
音美は言った。

「実はあの子とは今日初めて会ったんですよ。あの現場ですれ違おうとした時に車が突っ込んで来て……」
徹也は言った。

「それじゃあ、徹也さんは初対面の女の子を命がけで守ろうとされていたんですか……」
音美は言った。

「目の前で女の子が危険な目に会っているのに放ってはおけませんから……。それにあの子はどうも他人のような気がしなくて……」
徹也は言った。

「徹也さんは優しくて勇敢なんだね」
麻友は言った。

「そう言われると照れるな……。でも、彼女の名前が分からないと会うのは難しいですよね」
徹也は頭をかいた。

「大丈夫ですよ。徹也さんに助けられた女の人って言えば、病室を教えてもらえますよ」
半戸は言った。

「えっ?……そうなんですか」
徹也は言った。

「それじゃあ、どこのあの人が病室にいるのか聞いてきますね」
半戸はそう言うと病室を出ていった。





未だに干潟もムツゴロウも登場していないという……

本当にすみません!

次回こそ干潟かムツゴロウのどちらかを登場させたいところですが……(汗)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハンドル

Author:ハンドル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。